五十肩

年齢を重ねるごとに肩の関節がスムーズに動きづらくなる関節痛の一種であり、五十代で症状が出る場合に五十肩と呼びます。主に肩や腕が痛んで腕が上がらない、衣服の着脱ができないなどの症状が挙げられます。